トップページ > 高麗人参とお酒は相性が良いのです

高麗人参とお酒は相性が良いのです

高麗人参の摂取方法は幾つかありますが、相性の良いお酒と一緒に摂取するという方法があります。
お酒を飲みながら高麗人参を摂取することで、マグネシウム吸収が抑制されますので、お酒を飲んだ後のお腹の緩みが緩和されます。

 

高麗人参はサポニンやミネラル、アミノ酸やマグネシウムなどが豊富なのですが、慣れないうちはお腹が緩くなることもあります。
マグネシウムを摂取することで筋肉の動きがスムーズになり腸内の水分量がアップすることから、お腹が緩くなるのだと言われています。
便秘気味の方だと、便秘解消効果となるでしょうが、元々お通じが良い方だと緩くなってしまうのです。

 

相性のいいお酒と一緒に摂取することで、マグネシウムの吸収が抑制されますから、お腹の緩み防止になります。

 

また神経細胞のバランスも整うというメリットがあります。

 

高麗人参が含まれているお酒などはオススメです。
さらに自分で高麗人参酒を作ることも可能です。
高麗人参でお酒を造るならば2回ほど使いまわしても十分なので、経済的にお酒を造れるというメリットもあります。

 

一度、自宅で高麗人参酒を作ってみるのもいい経験となるでしょう。

 

けれどもやはり飲み過ぎは禁物ですので、適度な量を楽しむことを心がけましょう。

 

 サイトマップ
Copyright(c) 2015 更年期障害が気になりだしたら高麗人参サプリメントがおすすめ! All Rights Reserved.